タンゴマット

タンゴマットは、タンジェントのビッグ・シスターのような存在として、2005年に誕生し、以来根強い人気を誇っています。ダイヤルとケースは概ねタンジェントと同じですが、サイズはやや大きくなっています。搭載するムーブメントが大きくなったためです。シンプルを象徴するこのマスターピースは、タンジェント同様、グラスヒュッテの職人技を体現しており、ブランドのロゴのような存在です。この時計の精度と巻き上げ効率は高く評価されていると同時に、デザインと品質に関しても多くの賞を受賞するに至っています。

すべてのタンゴマットモデルを見る

受賞歴