タンジェント

この時計は多くの人にとってノモスグラスヒュッテの縮図と言えるモデルです。ラウンドケースと多数の直角で構成された、シンプルを象徴するこのマスターピースは、グラスヒュッテの職人技を体現しています。ブランドのロゴ同然の役割を担っているモデルなのです。1992年の誕生以来、絶えず動き続けています。そしてノモスの他のどの時計よりも、このモデルは「デザイン クラシック」として認められ、そのデザインと品質に対し数え切れないほどの賞が授与されました。この時計は、日付表示やパワーリザーブ表示の有無といった様々なバリエーションをラインナップしています。小ぶりなサイズのタンジェント 33に対し、大き目のタンジェント 38、さらに自動巻きのタンゴマットも展開しています。そして、新自動巻ムーブメントDUW3001を搭載し、薄く仕上がったタンジェント ネオマティックとタンジェント ネオマティック シャンペイナーも新しく加わりました。

すべてのタンジェントモデルを見る

受賞歴