ラドウィッグ

ラドウィッグほどクラシックな時計はありません。この時計さえあれば、着用者のラテン語の上達は明らかです。それは、ノモスグラスヒュッテの時計としては珍しいローマンインデックスが理由ではありません。ラドウィッグを着用していると、極めてスマートな印象を与えることができるからです。この時計は非常に薄く設計されており―DUW3001のおかげでネオマティックでも―それに合わせてベゼルもラグも細く仕上げられています。

ラドウィッグは、タンジェントとほぼ同様の特徴を備えていますが、より流れるようなフォルムになっています。全体のフォルムは、数世紀かけてキュールングスボルン(ドイツ)の海岸に流れ着いた平らな小石のようです。夏休みに元気な子供がバルト海に向かってその石を投げれば、28回は水面を切れるかもしれません。この時計は、ブダペスト風の靴を好み、バッハを嗜むような、またはミッキーマウス柄の靴下よりもパチパチと音を立てる暖炉を好むような人にぴったりな1本です。また、少し羽目を外し気味なライフスタイルに、真面目さを加えたい人にも最適です。

すべてのラドウィッグモデルを見る

受賞歴