ラムダ

ラムダ、ギリシャ文字のひとつであると同時に、「本質的価値」を意味する数学記号でもあります。そして、ノモスグラスヒュッテの時計の名前にもなります。疑う余地のない「本質的価値」が一目で明らかになる、18Kホワイトまたはローズゴールドケースの素晴らしい時計です。

私たちの世界において、一時的であったり表面上だけになりがちな「本当の価値」を、この時計は毎日でも目に見え、また触れられるものにします。手首と視覚の両方を満たすこのラムダ、控えめでありながらも極上の品質を兼ね備えていることは明白です。優雅に湾曲するサファイアクリスタルガラスの下のダイヤルは、繊細なゴールドリングに囲まれています。針はなめらかなムーブメントの動きを表現し、フェイス全体は銅版画のように繊細です。また、ツインバレルがDUW1001ムーブメントに動力を伝達することで、大きくゆったりしたパワーリザーブインジケーターがゼロを示すまでに、三日半かかります。ローズゴールドモデルでは、直径39mmの小ぶりなサイズも用意しています。

ラムダは、宝石のようなストラップに繋がれています。手縫いのホーウィン社製シェルコードバン ストラップは、へり返し仕立てで美しさが長期にわたって維持します。バックルは無垢のゴールド製であるだけでなく、非の打ち所のない新しいフォルムとなっています。

すべてのラムダモデルを見る

受賞歴