自動巻きムーブメント

自動巻きムーブメントでの成功:ドライブをする、Eメールを打つ、マティーニを作るといった日常の動作を動力にする自動巻きムーブメント。ノモスのそれは、高い精度だけでなく、非常にエレガントなことでも有名です。そして、これまでの経験を活かし、ついには厚さわずか3.2mmの超薄型自動巻きムーブメントDUW3001を開発しました。


ムーブメント

ノモスの自動巻きムーブメントには、ひとつひとつ物語があります。例えばエプシロンは、ノモスのマニュファクチュールとしての地位を確立し、ゼータは、ノモスの特許取得日付表示機構を初めて搭載した自動巻きムーブメントとして誕生しました。そして、ネオマティック シリーズに搭載されるDUW3001は、これまで手巻き時計の特権であった薄さとエレガントさというふたつの要素を自動巻き時計に初めてもたらした新しいムーブメントなのです。


ディテール

研究開発チームをまとめるテオドール・プレンツェル(写真右)とミルコ・ハイネ(写真左)。彼らは150万分という時間をかけ、DUW3001の開発に辿り着きました。

機械式時計の基礎:ムーブメントパーツを支える土台であるベースプレート。

多くの作業が手作業で行われます。角穴車をムーブメントに組み込む作業もその一つです。

大切な瞬間:ムーブメントをケースに納める瞬間を、時計師たちは「ウエディング」と呼びます。

期待を超えたモデル:自動巻となったタンジェント、タンジェントネオマティックの出荷準備が整いました。

 

 


動画

新しいムーブメントDUW3001の生みの親であるテオドール・プレンツェル。これまで誰も成し遂げられなかった偉業を、彼とその同僚がいかに成し遂げたのか確認して下さい。


自動巻き時計セレクション

これまでに、ノモスは12のシリーズ、そして約90のモデルを発表してきました。つまり、もっと多くの時計を知りたい方はこちらから。