ノモスグラスヒュッテの自社生産

機械式時計は、ムーブメントによって鼓動を続けるかどうかが決まります。キャリバー生産は、職人技術の品質を決定づける上に、時計メーカーがマニュファクチュールと名乗れるかどうかに関係しています。ノモスグラスヒュッテでは、時計の心臓部であるムーブメントを自社で製造しています。時計の世界において、これはとてつもないことです。それは数字を見れば明らかです。世界中どこを探しても、20に満たないメーカーしかキャリバーを自社生産することができないのです。

DUW3001は、ノモスにとって記念すべき10作目の自社製ムーブメントです。ノモスのキャリバーに付加される価値の最高95%が、グラスヒュッテで生み出されています。法律では、グラスヒュッテの名称を使用できる基準を最低50パーセントと規定していることからすれば、これは極めて高い割合です。第三者機関から調達するパーツは、穴石として用いるルビーなど非常に限られた部品のみです。

ノモスでは、ドイツ工作連盟の理念に沿って製造を行っています。最新のレーザーやCNC工作機械による生産は、100年にもわたる時計作りの伝統に基づいた高いレベルの手仕事によって補完されています。手巻き、自動巻きに関わらず、サファイアクリスタルのケースバックから美しいペルラージュと研磨仕上げが施されたパーツを確認できることは、常に喜びをもたらしてくれます。さらに、すべてのノモスのキャリバーは、その高い精度で名高く、どのキャリバーも6姿勢での調整を受けることで最高のパフォーマンスを誇ります。

続きを読む